侍エンジニア塾とは

侍エンジニア塾は、 2015年に創業したプログラミングスクールで、担当のインストラクターと対面かオンラインを選べるのが特徴的です。最近はよくないニュースも聞かれる侍エンジニア塾ですが、メリットも見つけながらリアルな内容をご紹介します。

オンラインとマンツーマンの対面を選べるシステム

「オーダーメイドカリキュラム」により、一人一人に合わせたレッスンを提供するのが侍エンジニア塾です。「無理なく無駄なく」プログラミングを学べるよう、専属の講師陣が手厚いサポートを行います。オリジナルWebサービスの開発もカリキュラムに含めることで、プログラミングを学んでいる段階から技術力をPRし、それぞれがエンジニアとして将来的に働きやすくなるよう訓練します。

侍エンジニア塾と提携している3,000社(パートナー企業含む)への就職も視野に、入塾後からすぐに専属のキャリアアドバイザーがフォローします。

料金プラン

  • デビューコース 学習期間:4週間~ 費用:69,800円~
    とにかく安くプログラミングを学んでみたい方へおすすめ。オリジナルの教材を元に学習を進め、アプリ開発を習得できる。週1回のマンツーマンレッスンに加え、専属の講師が入塾から卒業まで徹底指導。
  • エキスパートコース 学習期間:12週間~ 費用:389,400円~
    プログラミングの基礎学習からオリジナルアプリ開発までを習得。週1回のマンツーマンレッスンに加え、専属の講師が入塾から卒業まで徹底指導。講師にいつでもチャットで相談ができ、学習のつまづきから案件獲得の悩みまで自由に相談可能。
  • AIコース 学習期間:12週間~ 費用:569,400円~
    最先端の人工知能を短期間で習得。Pythonの基礎学習に加え、チャットボットやスマートスピーカーなどを土台にAIを実装。実データの機械学習処理、画像解析、ブロックチェーン習得など幅広いニーズに対応可能。
  • 転職コース 学習期間:4週間~ 費用:128,000円~
    未経験から最短でエンジニア転職を実現する転職特化型コース。初期費用が無料から始められ、転職に成功すれば受講料は無料になる。

費用は比較的リーズナブルな部類に入ります。プログラミングスクールはどれも高額で、1ヶ月10万円を切るスクールはまずありませんが、デビューコースはとてもリーズナブルな印象です。それでも、学べる内容は主要プログラミング言語ほぼすべてをカバーしています。

侍エンジニア塾は実際どうなのか

まず初めに、侍エンジニア塾で検索すると出てくるネガティブな口コミを見ておきましょう。以下は有名なもので、侍エンジニア塾が各メディアで炎上するきっかけとなったようです。

侍エンジニア塾は、入塾金0円を謳った広告が景品表示法違反とされたり、キャンセルした利用者への返金処理が不親切だったということで度重なる批判を受けてきました。これに関しては隠しようのない事実ですが、良い評価も見られないわけではありません。

他の口コミを見てみましょう。

おおむね、講師陣は本当に現役の会社勤めもしくはフリーランスプログラマーで、そこで聞けるリアルな話は確かに貴重なトレーニングとなるでしょう。

もちろん、どのプログラミングスクールを選ぶかは個人の自由ですが、批判されている広告や返金処理、そしてその後の対応を除けば、講師陣は他のオンラインスクールでは見られない貴重なメリットを抱えているスクール、とも言えそうです。

教材にはない知識をすぐに与えてくれる講師陣に魅力を感じる方も散見されます。中には、フリーランスと会社員の給料の違いや確定申告の注意点まで教えてくれたという感想もあり、現役フリーランスが持っている視点やリアルな考え方に触れられる、数少ないオンラインスクールなのかもしれません。

【限定特典】最大155,760円OFFの大幅割引キャンペーン実施中。9月15日(火)まで!

公式サイトをチェック