有料と無料、どっちが最適?

無料のプログラミングスクールと有料のスクールとでは、どちらがいいのでしょうか?

プログラミングを学ぶ目的は人それぞれですが、将来性や学べる内容に関して大きな違いがあります。

無料プログラミングスクールのデメリット

結論から言えば、有料のプログラミングスクールが圧倒的におすすめです。無料のスクールが劣悪だからという訳ではありませんが、単にプログラミングを学びたい場合には有料のメリットが際立つからです。確かに、無料のプログラミングスクールは幾つも見つけられ、中には本当にやりたいプログラミングを教えてくれるようなところもあるでしょう。

しかし、一般的に無料のプログラミングスクールは、

  • そもそも年齢制限がある
  • 就職先がすでに決められている
  • 人数制限もある
  • 講師の質に差がある
  • 学べるプログラミング言語が限られていることがほとんど
  • ある程度難しいところからスタートする
  • 学習期限がある

などの制限があります。

無料スクールは、事実上の“企業研修”です。非常に手間暇のかかるプログラミングを無料で教えるために、プログラミングスクールは企業に人材を斡旋し、企業は“研修”が既に終わった人材を得る代わりに報酬を支払います。そのため、無料のスクールの内容はどうしても企業の求める言語やスキルが優先されたものになり、本当に自分で好きなように言語を学びたい方には、自由のない決められた内容しかありません。就職を前提にレッスンを受けるため、そもそも年齢制限があります。若い方が付いていきやすいのは言わずもがなで、企業も出来るだけ柔軟な人材を得ようとするため、なんと30歳以上は受講できないケースがほとんどです。30を過ぎてプログラミングを学びたい方にとっては、そもそも選択肢にすらできません。

就職先がすでに決められているか、数少ない選択肢ししか用意されていないのも問題です。もともとその企業に就職したかったというケースならともかく、レッスンの修了と同時に就職を決めなければなりません。とりあえずプログラミングを学んでみたい、就職までは今のところ考えていない方は、選考の段階で落とされ、受講することもできません。そのため、よほどそのレッスンの内容や就職が決められている企業が条件の合うものでない限り、無料のプログラミングスクールを選らぶ理由はない、と言えます。

有料プログラミングスクールのメリット

有料のプログラミングスクールは、受講者が自分の学びたいものを好きなペースで学ぶことが可能です。マンツーマンで教えているところも珍しくなく、とにかく基礎を学びたい方から、何でも実践できるようになりたい方まで、各人のレベルに合わせてレッスンを進められるスクールがかなり多く見られます。加えて、学びたい言語はどれでも選び放題です。今のところ、何かの言語に特化したレッスンを提供しているスクールはなく、ほとんど全てのスクールで学びたい言語を自由に選べるようです。詳細は各スクールのプランを要確認ですが、

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • Bootstrap
  • Swift
  • PHP
  • MySQL
  • Ruby
  • RubyonRails
  • Java
  • Python

などは大抵のスクールでカバーされています。そして、当然ながら就職することが条件になっていたり、受講場所や年齢が限られていたりすることもありません。プログラミングを学びたい人全てが、自分のペースで学べるようにカリキュラムが用意されています。就職を考えている人向けのサービスもあり、研修を受けた上で就職もしくは転職サポートを用意しているスクールもあります。フリーランスになることを前提にしたレッスンやプランも見られます。

「プログラミングで今すぐ就職する気はないが、将来的なことを考えて技術はしっかりと身につけておきたい」という方は、レベルの高いレッスンを受けながら、就職先やプログラミング言語の選択肢は縛られたくない、と考えるはずです。有料のプログラミングスクールでは、受講料に見合ったハイレベルなレッスンを受け、当然ながら就職については各受講者の自由に任されています。

高額な受講料がデメリット

そんな有料のプログラミングスクールの欠点は、高額な受講料でしょう。内容の複雑さや時間に比例して、受講料は高額になりがちです。以下に例を挙げてみました。

  • CodeCamp
    「プレミアムコース」:248,000円~ 受講期間:2ヶ月~
  • TechAcademy
    「Javaコース」139,000円~ 受講期間:4週間~
  • 侍エンジニア塾
    「Debut(デビュー)コース」168,000円~ 受講期間:1か月~
  • WebCamp
    「ビジネス教養コース」128,800円~ 受講期間:30日~
  • TECHCAMP
    入塾料128,000+2カ月目から月々12,800円 受講期間:60時間~

どんなに内容を少なくして安く済ませたとしても、1ヶ月10万円を下回ることはないでしょう。学びたい言語やプログラミング全てを学ぼうとすると、金銭的な負担は果たして給料何ヶ月分になるのか…と思うはずです。プログラミングについて何も知らない全くの初心者でもしっかり扱えるようになるまで対応してくれるため、受講料もそれなりの金額が要求されます。

有料のプログラミングスクールを受講する際は、高額な受講料が最大のハードルになるはずです。それでも、レッスンの中身や質、将来性に関しては、無料のプログラミングスクールを完全に上回っています。